「同性婚は子供がつくれないから認めるべきではない!」派の人って、もちろん自分の母親が閉経したら即離婚させるんですよね? だって、もう子供をつくる能力がないわけですし。

同様に、自分やパートナーがストレス、病気、怪我、加齢などで不妊(男性なら男性不妊)になったときも即離婚して、機能が回復するまでは結婚せずにいるんですよね?で、もしも回復の見込みがなければもう一生結婚しない、と。事実婚も利用しませんよね、あれって「社会の慣習上婚姻と認められるもの」であり、婚姻イコール「結婚すること」ですもん。さらに、同性愛者に「結婚するな」と説教するだけではなく、既婚のご友人やご親戚、職場の方々にも子作りの予定をいちいち確かめ、「子供をつくらない/つくれないのなら別れろ」と要求していらっしゃるんですよね?

いやあ、たいへんな人生だなあ。「子供がつくれない結婚は認めるべきでない」という信条を本当に貫き通すと、異性愛者であっても相続のトラブルが起きたり、パートナーの会社の健康保険を利用できなくなったり、パートナーが行方不明になっても捜索願すら出せなくなったり(あれ『家族』じゃないとダメなんですよ)、病気のときの延命処置について揉めまくったり(あれは『家族』ですら揉めますからね)するでしょうし、厚生労働省によると職場で「結婚はまだなの?」「子供は?」などと聞くことはセクハラにあたるそうですから、なんらかの懲戒処分になる可能性も出てくるでしょうしねえ。お気の毒にねえ。

あれ? でも同性愛者は子供がつくれるから結婚できるんじゃないの、この論法で言うと。

↓『天才少年ドギー・ハウザー』や『ママと恋に落ちるまで』のニール・パトリック・ハリス。代理母出産でもうけた双子を育てています。

 

↓『ジリアン・マイケルズの30日間集中ダイエット』のカリスマトレーナー、ジリアン・マイケルズ。パートナーが人工授精で生んだ子と、養子縁組で引き取った子を育てています。

 

さて、ここらで少し真面目な話をすると、あたしとしては生殖は結婚の必須条件じゃないと思うし、現行法でもやはり必須ではないし(異性カップルはたとえ100歳の老人でも結婚できますよね)、そこを変える必要はないと思っています。そして、相手が異性愛者だろうと同性愛者だろうと、子作りを他人が強要し、従わなければ不平等な扱いをするのはおかしいとも思っています。人間は繁殖用の家畜ではなく、誰もその畜主ではありません。

それにだいたい、生殖を根拠とした同性婚否定論なんて、既に世界中で論破され尽くしてるんですよ。念のため、カリフォルニア州の同性婚裁判での専門家による論破を下に貼っておきます。

これ2010年の報道ですよ。それから4年も経ってもいまだに「子供がー」とか言って反対している人は、要するに同性婚について真面目に考えたことなんて1度もないんですよ。

専門家「生殖能力は結婚の条件ではない」、米同性婚裁判

【1月13日 AFP】米カリフォルニア(California)州サンフランシスコ(San Francisco)の連邦裁判所で行われている、同性間の結婚を違法とみなす州法の違憲性を問う裁判に12日、米国における結婚史の専門家である、ナンシー・コット(Nancy Cott)米ハーバード大学(Harvard University)教授が出廷し、歴史的に見て、米国では子どもをつくる能力は結婚が合法かどうかを判断する条件ではないと指摘した。

  カリフォルニア州では2008年、住民投票で同性婚を禁じる州憲法改正案「提案8号(Proposition 8)」が可決され、州最高裁も2009年、住民投票結果を支持する判断を下した。このため、これを不服とする同性婚支持者らが、「提案8号」は米国憲法に違反しているとして連邦裁判所に提訴していた。

 コット教授は、生殖能力を失った高齢者や不妊の女性も結婚していることが多いとした上で、無精子症だったとして知られる、米国の初代大統領のジョージ・ワシントン(George Washington)も結婚していたと指摘。コット教授の発言は、前日に示された「結婚制度の主な目的は、安定した関係の中で、生殖を促進し、生殖を前提とした男女間の自然な性行為を導くものだ」とした同性婚反対派の意見に反論したもの。

 コット教授は、政府は歴史的に特定の結婚に制限を加えてきたと語った。教授によると、米国の州のうち少なくとも41州は、歴史のある一時点で、白人と黒人間、白人とアジア人間の結婚を禁止していたことがあり、そうした法律を可決した議員たちは、「これらの法律は神の定めを実現するもの」で、きわめて当然のことだと考えていたという。(c)AFP

レズ画像

同性愛者はどうして自然淘汰されないのか?!という長年の謎が解明されたという。恋愛対象が同性である人は生物学上の子どもを残すことはできない。ならば当然同性愛志向の組み込まれた遺伝子を代々受け継ぐことはできないはずである。ではなぜ?!という謎の答が学術誌『The Quarterly Review of Biology』に紹介されている。

今回キーとなるのが遺伝子に影響するスイッチ的な役割を担う、後成遺伝学的に見たepi-markである。このepi-markは母親の子宮の中で早い段階で創られ、その子の性差を決めるほか成長していく胎児を守る役割を担っているらしい。例えばあるエピマーカーは女児胎児を男性ホルモンであるテストステロンから守り、生殖器の発達や性同一性、惹かれる相手の性別の決定まで行っているという。

これは通常1代つまりその胎児本人だけに作用するが、ごく稀に父親のエピマーカーが娘に、または母親エピマーカーが息子へと受け継がれることがあるらしい。こうなると父親の“女性が好き”という部分が娘に、母親の“男性が好き”という部分が息子に受け継がれ同性愛者が誕生するというわけ。

この様な現象は血族間で繰り返すのが特徴で、親族の中に同性愛者が何人かいるというのも珍しいことではないという。

出典元:Homosexuality’s Cause Isn’t Genetics, but the Answer Does Lie in the Womb – Medical Daily(12/11)


Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_fopen=0 in /home/so10/xn--dqrq5z6ua.asia/public_html/wp-content/plugins/r_a_y_api_ex/echo_api.php on line 1542

Warning: file_get_contents(http://chiebukuro.yahooapis.jp/Chiebukuro/V1/questionSearch?appid=dj0zaiZpPTBra3J1ZUlhRlZLYSZkPVlXazlNa1JDU0VKTk5HVW1jR285TUEtLSZzPWNvbnN1bWVyc2VjcmV0Jng9ODM-&query=%E5%90%8C%E6%80%A7%E6%84%9B%E3%80%80%E6%82%A9%E3%81%BF&type=all&categoryid=&condition=solved&sort=%2dposteddate&start=15&results=1) [function.file-get-contents]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/so10/xn--dqrq5z6ua.asia/public_html/wp-content/plugins/r_a_y_api_ex/echo_api.php on line 1542
このページはアクセスする度に書かれている内容が変わります。もし何も表示されていない場合は、更新ボタンを押してください。