ユタ州の同性婚禁止法は違憲、米連邦高裁

ユタ州の同性婚禁止法は違憲

【6月26日 AFP】米コロラド(Colorado)州デンバー(Denver)の連邦第10巡回控訴裁判所(高裁)は25日、同性婚を禁止したユタ(Utah)州の法律について、違憲との判断を下した。連邦最高裁が2013年6月に結婚を男女間に限定した連邦法「結婚防衛法」を違憲と判断したことを受けて、米国では同性婚解禁の動きが広がっている。ユタ州は上訴するとみられ、裁判は最高裁までもつれ込む見込みだ。

 厳格なモルモン教徒の多いユタ州では昨年12月、連邦地裁が同性婚禁止法を違憲とする判決を下したが、その後、州政府の要請を受け、1月に最高裁が同性婚の一時停止を命じていた。州政府はこの間に結婚した同性カップル約1300組の承認を拒否しているが、米連邦政府は同州の同性結婚カップルに支援を表明している。(c)AFP

このエントリーをはてなブックマークに追加