同性愛者を転向させる必要はあるのか?

2012.10.16 TUE

カリフォルニアは、アメリカの州で初めて、ゲイの人々をヘテロセクシュアルに転向させようとする精神治療を追放した。矯正論の支持者はどのような人々か? 科学の見解はどのようなものだろうか?

レズ画像

未成年のホモセクシュアルを「転向」させようとすることは、犯罪となる。少なくともカリフォルニアでは。カリフォルニア州は、ゲイをヘテロセクシュアルに転向させることを目的とする、いわゆる「性的指向の回復療法」を禁止するアメリカ最初の州となった。

州知事のジェリー・ブラウンが署名した法律は、とりわけ、家族によってこのような精神分析的処置を受けさせられる多くの児童や少年の保護を意図している。

このような処置に対して、科学は非常に明確な立場を取っている。過去50年の研究文献の非常に莫大なメタ分析が証明していて、アメリカ心理学協会(American Psychological Association: APA)のリポートで強調されているように、性的指向が自発的に変えられるという明白な証拠はなく、こうした処置に効果があることも証明されていない。

むしろ、場合によっては有害となりうる。事実、しばしば起こる「回復療法」の失敗が、自尊心の喪失やストレス、罪悪感、鬱、自殺する傾向の増加を引き起こす可能性がある。こうした理由から、APAは(そしてAPAに協力する精神科医や心理療法士の科学コミュニティは)、「回復療法」の実践を行わないよう呼びかけている。

カリフォルニア州の決定は、おそらく何かが変わりつつあるしるしだ。そしてひとつだけではない。アメリカの精神科医ロバート・シュピッツァーは、同性愛「回復療法」の旗手のひとりだったが、 数カ月前に誤りを認めた。

「わたしは自分の研究についてゲイ・コミュニティに許しを請わなければならない。とりわけ、治療の有効性が証明されなかったことが理由である。治療によって時間とエネルギーを浪費したホモセクシュアルの人々にも謝罪したい」

彼は性科学学術誌『Archives of Sexual Behavior』に掲載される予定の手紙でこのように書いた。彼が2001年に「回復療法」についての衝撃的な研究を発表したのと同じ雑誌だ。アラン・チェンバースまでが、すべて間違っていたことを認めた。彼は、治療されたとされる元ゲイの人々の協会であるExodus Internationalの会長だ。

同性愛者を「転向」させようという試みは、少なくとも19世紀末までさかのぼる。1892年に、アメリカの神経病学者グレアム・M・ハモンドは、同性愛者を転向させるために長い時間サイクリングするように指示している。のちに最も普及したアプローチは、時には催眠やアルコールの助けを借りながら、強制的に異性との関係をもつこととなった。1960年代末以降は、嫌悪に基づく心理=行動学的モデルが定着した。つまり、同性の性的なイメージにネガティヴな刺激を、異性のイメージにポジティヴな刺激を関連づけることによって、患者に「逸脱」をやめさせようとするのだ。

祈りまで用いて自身の潜在的な異性愛を発展させようとする心理療法的アプローチも存在する。しかし、方法がどのようなものであれ、出発の仮定が間違っている。

「転向」させるべきことは存在しない。1973年以降、同性愛はDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders:精神障害の診断と統計の手引き)から除かれている。WHO(世界保健機関)によれば、同性愛は「人間の性欲の自然なヴァリエーション」だ。

「回復療法」の普及は、特にアメリカにおいては超保守的なタイプの政治・宗教運動と結びついている。恐らく、最も容赦ない「ゲイ矯正」の支持者は、世界に約1,000人の会員がいるアメリカ同性愛研究・治療協会(National Association for Research and Therapy of Homosexualitiy: NARTH)の創設者ジョゼフ・ニコロージだ。

ニコロージは、あらゆる科学的証拠に反対して、同性愛は「矯正が可能な精神障害」で、「性同一性の失敗」「個人の本当の同一性に反している」と考えている人物だ。

2010年に、彼はイタリアで「性同一性と自由」という会議に招待された。組織した団体のなかには、「ブレーシャ・カトリック医師会」と医療従事者の協会「医学と人」もあった。科学界は、実質的に満場一致で抗議した。

心理学者協会の会長は、1,200人の署名とともに「回復療法」を非難する公式声明を発表した。これは次のように締めくくられる。「患者が固有の性的指向を変えるように導くことを目的としたあらゆる処置は、わたしたちの職業を成り立たせている倫理的・科学的精神の埒外にあることを力を込めて明言することは、わたしたちの義務であり、関連する機関と職能団体に注意を促さなければならない」。

しかし、イタリアで「回復療法」を提案しているのは誰だろうか?普及はしていないけれど、時にキリスト教団体によって支持されており、彼らは助言を与え、講演会や、精神療法のセッションや、セミナーを開いている。

このようなコースがどのように機能するかを、日刊紙『Liberazione』のジャーナリストが数年前に語った。彼はゲイのふりをして6カ月間「治療」を受けた。彼の記事は蜂の巣をつついたような議論と反応を引き起こした。

性的指向を変えようとすることは、馬鹿げているだけでなく、逆効果だ。しかし、いまだにゲイに対して差別的な社会では、同性愛を受け入れ、同性愛者たちがカミングアウトすることが困難な状況が続いている。突飛な「回復療法」はもってのほかだ。差し伸べることのできる最も大きな助けは、同性愛嫌悪と闘うことだ。

WIRED NEWS 原文(Italian)

このエントリーをはてなブックマークに追加