アンドレイ・ペジック中性的なルックスで男性・女性両方のファッションモデルとして知られるアンドレイ・ペジックが性転換手術を受けたことを公表した。日本でも2012年にトヨタのオーリスのコマーシャルに出演し、話題を呼んだ。海外メディアも大々的に取り上げている。

トランス・ジェンダーのスーパーモデル

 ペジックはセルビア出身で、トランス・ジェンダーのスーパーモデルだ。17歳でスカウトされて以来、中性的なルックスを活かし性別にとらわれることのないファッションモデルとして新境地を開拓した。

 ジャンポール・ゴルチエ、マーク・ジェイコブス、DKNYなどのブランドで男性、女性両方のファッションモデルをしてきた。2013年にはデヴィット・ボウイのミュージックビデオにも出演している。

人生における性転換手術の意義

 ペジックは先週木曜日にソーシャルメディア上で、性転換したことを報告した。変化は彼女の人生を救ったという。Facebookのメッセージでは、「トランス・ジェンダーの女性として、性転換を経て人生の第2章で過去を偽ることなく幸せになり、成功することができることを見せたかった」「性別が変わっただけで、私という個人であることは変わりないと理解して欲しい」と、心境を述べている。

 メッセージには6,000の“いいね”、600件以上のシェア、数百ものメッセージが投稿された、と『IB Times』は報じている。130,000人がフォロワーとなっているという。ファンからのサポートにペジックは土曜日に再度メッセージを投稿、「たくさんの愛をありがとう!」と、ファンへの感謝を述べた。「誰でもたまに立ち止まって考えてみないと人生の美しさに気付かないときがある。これが私の第二の人生」。

 性転換手術の詳細については公表しないものの、「社会的な責任として私の話を世界に知って欲しいと思う」と語った。「話題にオープンでいることで、少しでも問題意識が減れば良い」と話す。

性別に縛られることなく自分らしく

 小さい頃はずっと“本当の自分”を隠して生きてきたという。13歳のときGoogleで“性転換”を検索し人生が変わった。今の自分は“100%”だと感じていると、ピープル誌に語っている。「性別に縛られないキャリアを誇りに思っている。自分の体の中で居心地が良くなることが一番の夢だった。自分自身であることを第一に、キャリアをそれに合わせていきたい」。

 米ピープル誌のインタビューでは、「女の子になることはずっと夢だった。小さい頃から母親のスカートをはいてバレリーナのつもりで踊っていた」という。「手術を受ける前は、ついにこの時がきたと嬉しくて仕方なかった」と、性転換手術への思いを語る。一方で、それによって定義されることは望んでいない、とインデペンデント紙は報じた。ペジック氏は、「足の間にあるものでその人が誰かを決めることはできない」と主張する。トランス・ジェンダーのコミュニティーでの活動を推進していくという。

週刊ポストでの石原慎太郎発言に反論するよ

石原慎太郎都知事が、先日週刊ポスト2月25日号でこんな発言をしたそうで。

我欲を満たすための野放図な害毒は日本を駄目にする。必ずしも取り締まればいいわけではないが、諸外国では目にしないようなものが、メディアにもインターネットにも横行しているようでは、やはりおかしいといわざるを得ない。

差別でいうわけではないが、同性愛の男性が女装して、婦人用化粧品のコマーシャルに出てくるような社会は、キリスト教社会でもイスラム教社会でもあり得ない。日本だけがあってもいいという考え方はできない。

(NEWSポストセブン|同性愛の男が化粧品CM出演など世界でありえぬと石原都知事)

以下、それに対する反論です。

1. 男性が女装してコマーシャルに出るのは「日本だけ」?

都知事はオーストラリアの男性モデル、アンドレイ・ペジック(Andrej Pejic)をご存知ないんですね。

化粧品のコマーシャルに出てるかどうかは知りませんが、この人ジャン・ポール・ゴルチェのショウに花嫁姿で出てますよ。こんな感じで。

というわけで、男性が女装して女性用のものを宣伝するのが日本だけだなんて思ったら大間違いです。

2. 同性愛者がコマーシャルに出るのは「日本だけ」?

そもそも女装しているからといって、同性愛者とは限りません。性的指向は外見から判断できるものではありません。その点から言っても、都知事の発言はずいぶん杜撰です。それでもとにかく同性愛者をCMに出すなというのであれば、海外にはこんなゲイCMがありますよと申し上げておきます。

3. ひょっとしたらトランスと女装の区別がついてない?

ひょっとしたら、くだんの石原発言はトランス女性を「同性愛の男性の女装」と決めつけた上での偏見開陳かもしれません。でも、トランスジェンダー女性がメディアで活躍するのも、別に日本だけではありません。たとえばアメリカのリアリティ番組『アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル』出身のモデル、アイリス・キングは、テレビのみならず雑誌やファッション・ショウにも出ています。ジバンシーのスーパーモデル、リー・Tもトランスジェンダー女性です。

4 . 前都知事も女装してました

青島幸男前東京都知事はTVドラマ『いじわるばあさん』で思いっきり女装しまくってたんですが、それは「我欲を満たすための野放図な害毒」ではないのでしょうか。老婆の姿で笑いの対象となるのはOKで、きれいに女装して化粧品を売るのは駄目ということであれば、そこにもまた別種の差別が働いてるんじゃないですか。

5. それでもどうしても「諸外国」とやらの真似をしたいのなら

どうしてもどうしても「諸外国」とやらの真似がしたいのなら、こないだヒューマン・ライツ・ウォッチに勧告された、「差別的な法律を改正し、差別禁止の事由に性的指向を含める」という仕事に取り組んだらどうですか石原さん。EU基本権憲章は性的指向にもとづく差別を明確に禁止しており、よってEUに属する「諸外国」には同性愛差別を禁じる法律があります。別にEU諸国でなくても、国レベルでアンチゲイな差別を禁じる法律を持っているところはたくさんあります(参考:LGBT rights by country or territory – Wikipedia, the free encyclopedia)。日本にもそうした法のひとつも作ってはどうですか。

6. まとめ

●同性愛者の男性がCMに出るのは、日本だけではありません。
●男性に生まれた人が女性の格好をして女性向け商品をPRするのも、日本だけではありません。
●前都知事・青島幸男は自ら女装してテレビに出てました。
●事実でないことを事実であるかのように述べて偏見撒き散らされるのは迷惑*1です。
●「諸外国」の真似がしたいのなら、反差別法のひとつも作ってください。

追記

なんかものすごく誤読している人がいるようなので追記。アンドレイ・ペジックは性的指向を公表してませんよ(参考:Andrej Pejic – The Androgynous Super Model)。そして、本文中にも書いた通り、「性的指向は外見から判断できるものではありません」。あたしは、「男性として生まれた人が女装して女性用のものを宣伝する」例としてこの人を挙げたにすぎません。以上、念のため。

みやきちさんのはてなブログより