2012.10.16 TUE

カリフォルニアは、アメリカの州で初めて、ゲイの人々をヘテロセクシュアルに転向させようとする精神治療を追放した。矯正論の支持者はどのような人々か? 科学の見解はどのようなものだろうか?

レズ画像

未成年のホモセクシュアルを「転向」させようとすることは、犯罪となる。少なくともカリフォルニアでは。カリフォルニア州は、ゲイをヘテロセクシュアルに転向させることを目的とする、いわゆる「性的指向の回復療法」を禁止するアメリカ最初の州となった。

州知事のジェリー・ブラウンが署名した法律は、とりわけ、家族によってこのような精神分析的処置を受けさせられる多くの児童や少年の保護を意図している。

このような処置に対して、科学は非常に明確な立場を取っている。過去50年の研究文献の非常に莫大なメタ分析が証明していて、アメリカ心理学協会(American Psychological Association: APA)のリポートで強調されているように、性的指向が自発的に変えられるという明白な証拠はなく、こうした処置に効果があることも証明されていない。

むしろ、場合によっては有害となりうる。事実、しばしば起こる「回復療法」の失敗が、自尊心の喪失やストレス、罪悪感、鬱、自殺する傾向の増加を引き起こす可能性がある。こうした理由から、APAは(そしてAPAに協力する精神科医や心理療法士の科学コミュニティは)、「回復療法」の実践を行わないよう呼びかけている。

カリフォルニア州の決定は、おそらく何かが変わりつつあるしるしだ。そしてひとつだけではない。アメリカの精神科医ロバート・シュピッツァーは、同性愛「回復療法」の旗手のひとりだったが、 数カ月前に誤りを認めた。

「わたしは自分の研究についてゲイ・コミュニティに許しを請わなければならない。とりわけ、治療の有効性が証明されなかったことが理由である。治療によって時間とエネルギーを浪費したホモセクシュアルの人々にも謝罪したい」

彼は性科学学術誌『Archives of Sexual Behavior』に掲載される予定の手紙でこのように書いた。彼が2001年に「回復療法」についての衝撃的な研究を発表したのと同じ雑誌だ。アラン・チェンバースまでが、すべて間違っていたことを認めた。彼は、治療されたとされる元ゲイの人々の協会であるExodus Internationalの会長だ。

同性愛者を「転向」させようという試みは、少なくとも19世紀末までさかのぼる。1892年に、アメリカの神経病学者グレアム・M・ハモンドは、同性愛者を転向させるために長い時間サイクリングするように指示している。のちに最も普及したアプローチは、時には催眠やアルコールの助けを借りながら、強制的に異性との関係をもつこととなった。1960年代末以降は、嫌悪に基づく心理=行動学的モデルが定着した。つまり、同性の性的なイメージにネガティヴな刺激を、異性のイメージにポジティヴな刺激を関連づけることによって、患者に「逸脱」をやめさせようとするのだ。

祈りまで用いて自身の潜在的な異性愛を発展させようとする心理療法的アプローチも存在する。しかし、方法がどのようなものであれ、出発の仮定が間違っている。

「転向」させるべきことは存在しない。1973年以降、同性愛はDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders:精神障害の診断と統計の手引き)から除かれている。WHO(世界保健機関)によれば、同性愛は「人間の性欲の自然なヴァリエーション」だ。

「回復療法」の普及は、特にアメリカにおいては超保守的なタイプの政治・宗教運動と結びついている。恐らく、最も容赦ない「ゲイ矯正」の支持者は、世界に約1,000人の会員がいるアメリカ同性愛研究・治療協会(National Association for Research and Therapy of Homosexualitiy: NARTH)の創設者ジョゼフ・ニコロージだ。

ニコロージは、あらゆる科学的証拠に反対して、同性愛は「矯正が可能な精神障害」で、「性同一性の失敗」「個人の本当の同一性に反している」と考えている人物だ。

2010年に、彼はイタリアで「性同一性と自由」という会議に招待された。組織した団体のなかには、「ブレーシャ・カトリック医師会」と医療従事者の協会「医学と人」もあった。科学界は、実質的に満場一致で抗議した。

心理学者協会の会長は、1,200人の署名とともに「回復療法」を非難する公式声明を発表した。これは次のように締めくくられる。「患者が固有の性的指向を変えるように導くことを目的としたあらゆる処置は、わたしたちの職業を成り立たせている倫理的・科学的精神の埒外にあることを力を込めて明言することは、わたしたちの義務であり、関連する機関と職能団体に注意を促さなければならない」。

しかし、イタリアで「回復療法」を提案しているのは誰だろうか?普及はしていないけれど、時にキリスト教団体によって支持されており、彼らは助言を与え、講演会や、精神療法のセッションや、セミナーを開いている。

このようなコースがどのように機能するかを、日刊紙『Liberazione』のジャーナリストが数年前に語った。彼はゲイのふりをして6カ月間「治療」を受けた。彼の記事は蜂の巣をつついたような議論と反応を引き起こした。

性的指向を変えようとすることは、馬鹿げているだけでなく、逆効果だ。しかし、いまだにゲイに対して差別的な社会では、同性愛を受け入れ、同性愛者たちがカミングアウトすることが困難な状況が続いている。突飛な「回復療法」はもってのほかだ。差し伸べることのできる最も大きな助けは、同性愛嫌悪と闘うことだ。

WIRED NEWS 原文(Italian)

レズ画像

同性愛者はどうして自然淘汰されないのか?!という長年の謎が解明されたという。恋愛対象が同性である人は生物学上の子どもを残すことはできない。ならば当然同性愛志向の組み込まれた遺伝子を代々受け継ぐことはできないはずである。ではなぜ?!という謎の答が学術誌『The Quarterly Review of Biology』に紹介されている。

今回キーとなるのが遺伝子に影響するスイッチ的な役割を担う、後成遺伝学的に見たepi-markである。このepi-markは母親の子宮の中で早い段階で創られ、その子の性差を決めるほか成長していく胎児を守る役割を担っているらしい。例えばあるエピマーカーは女児胎児を男性ホルモンであるテストステロンから守り、生殖器の発達や性同一性、惹かれる相手の性別の決定まで行っているという。

これは通常1代つまりその胎児本人だけに作用するが、ごく稀に父親のエピマーカーが娘に、または母親エピマーカーが息子へと受け継がれることがあるらしい。こうなると父親の“女性が好き”という部分が娘に、母親の“男性が好き”という部分が息子に受け継がれ同性愛者が誕生するというわけ。

この様な現象は血族間で繰り返すのが特徴で、親族の中に同性愛者が何人かいるというのも珍しいことではないという。

出典元:Homosexuality’s Cause Isn’t Genetics, but the Answer Does Lie in the Womb – Medical Daily(12/11)

クリス・ヒューズ

クリスヒューズ
友人はザッカーバーグとオバマ大統領!?

2004年、ザッカーバーグらとフェイスブックを創設したヒューズは、08年のオバマの大統領選ではSNSキャンペーン責任者を務めている。昨年、同性婚啓発団体「Freedom To Marry」で活躍中のショーン・エルトリッジと結婚した。

ティム・クック

ティム・クック
強さと慎重さを兼ね備えた“シリコンバレーの顔”

米国のゲイ雑誌「アウト」は、彼を“いま地球上で最も影響力を持つゲイ”としている。ただし、シリコンバレーでは公然の秘密とされているものの、彼自身はセクシュアリティについて明言することを慎重に避けている。

アンダーソン・クーパー

アンダーソン・クーパー
これぞパーフェクト・パワー・ゲイ!

CNNの人気報道番組『アンダーソン・クーパー360°』に出演中の彼は、米国の鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルトの子孫にあたる人物。米誌「アウト」は以前から「影響力の強いゲイ」として紹介していたが、彼自身は、昨年7月になってカミングアウトした。

トム・フォード

トム・フォード
ついにパパになりました!

自身の名を冠したブランドを展開する一方で、09年には映画『シングルマン』で監督デビューを果たしたフォード。昨年9月には24年来のパートナーとのあいだに、代理母出産と見られる息子をもうけている。

エリオ・ディルポ

エリオ・ディルポ
史上3人目の“カミングアウト首相”

2011年より現職を務めているディルポは、96年に報道陣から同性愛者かどうかを尋ねられ、「Yes, so what?(そうですが何か?)」と答えた。以来、他のゲイの政治家たちの模範となっている。

ボリス・ディートリッヒ

ボリス・ディートリッヒ
世界で初めて“同性婚”を可能にした男

元オランダ国会議員。同性婚や安楽死、売春やマリファナの合法化といった法案を発案し、可決させている。2007年より、人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチにて、同性愛者らの権利向上活動を行っている。

ブライアン・グレイデン

ブライアン・グレイデン
ゲイ専門チャンネル「Logo」の立て役者

米MTVの人気番組『オズボーンズ』や『ジャッカス』のブレーンを務め、『サウスパーク』の制作にも携わってきたグレイデンは、2005年、満を持して、米国初となるゲイ専門チャンネルLogo(ロゴ)を立ち上げた。

スティーヴン・フライ

スティーヴン・フライ
英国きっての知性派俳優

英国人なら誰もが知っている大物知性派俳優で、作家、ジャーナリスト、映画監督としても活躍している。フライは自分が“90%程度のゲイ”だと考えているという。ツイッターのフォロワーは約530万人にも上る。

マンヴェンドラ・シン・ゴーヒル

マンヴェンドラ・シン・ゴーヒル
差別と戦う“ゲイの王子さま”

インドのラジピプラ地方の王子である彼は、2006年、世界の王族のなかで初めてカミングアウトした人物となった。その後、王族を追放されそうになりながらも、同国内でHIV啓発活動などを積極的に行いつづけている。

エルトン・ジョン

エルトン・ジョン
第2子誕生で同性婚生活も安泰 “オープン・ゲイ能人”の鑑

2005年に英国でいち早く同性婚を果たし、最近第2子も誕生したポップス界の王様。シングルとアルバムの累計セールスは2億5000万枚以上。推定資産は約1億ポンド(約140億円)。

2013.03.13(水)

ドイツでは、2001年、SPD(ドイツ社民党)と緑の党の連立政権時代、同性愛のカップルが結婚できるようになった。それ以来、同性カップルは、まだ完全には“夫婦”と同格ではないが、“夫婦”に準ずるものとなり、その権利が大幅に強化された。

例えば、1人が病気になれば、もう片方は家族として医者の説明を受けられるし、また、1人が死亡すれば、残された相手は遺産の相続も可能になる。その他、さまざまな夫婦の義務と権利が、同性の夫婦にも備わったのである。

2010年、ドイツには、連邦統計局の資料によると、夫婦として登録して暮らしているゲイ、あるいはレズビアンのカップルが、2万3000組いるという。

市民権を得たドイツの同性カップルに残された、養子問題
ドイツで爆発的に急増中、同性同士の婚姻

ドイツでは、結婚したい男女は、役所にその旨を申し出て、出廷の時間、つまり、婚姻の日を決める。当日は、花嫁と花婿が、保証人2人他、親族、友人などを伴って役所へ出向き、担当の役人の質疑応答を経て結婚が認められ、めでたし、めでたしとなる。

花嫁と花婿は、たいていタキシードとウエディングドレスで着飾っており、結婚したての彼らはそのまま役所の前の広場などに繰り出し、シャンペンを開けて乾杯。午前中に役所の前を通ると、そういうおめでたい光景をよく見かける。

2001年からは、それと同じ光景が、男女ではなく、同性のカップルでも見られるようになった。当時、男女のカップルではなく、むくつけき大男が2人、役所の前で幸せいっぱいでキスをしている写真などが、よく新聞に載ったものだ。

しかし今では、それも珍しくもなく、ニュースにもならない。ゲイやレズビアンは、思ったよりもたくさん身近にいることも分かってきた。

なお、教会での挙式はというと、同性カップルの場合、カトリック教会では絶対に挙げてもらえない。教会での挙式に法律的な意味はないが、一部のカップルにとっては役所の結婚よりも大切なものだ。

だから、それを悲しく思う同性カップルはいるかもしれないが、カトリック教会は、同性愛どころか、再婚も認めていないのだからどうしようもない。

さて、そんなわけで、ほぼ市民権を得たドイツの同性カップルではあるが、法律的にはまだ従来の夫婦とすべてが平等なわけではない。一番大きな違いは、養子をとれないことだ。

同性愛者であることを息子に告白された米議員

[2013.3.18 15:53]

米共和党保守派のロブ・ポートマン上院議員(57)が、これまで強く反対してきた同性婚を容認すると表明した。息子に同性愛者であることを告白され、父親として2年間悩んだ末の結論という。銃規制や中絶の是非などと並び米世論を分断する社会問題に一石を投じた。

ポートマン氏はブッシュ前政権下で通商代表や行政管理予算局長を務め、昨年の大統領選では副大統領候補として名前が挙がった党内有力者。同性婚を許容する法案に対しては、一貫して反対票を投じてきた。

しかし地元オハイオ州の地元紙に、18日までに寄稿し「政府が同性愛者の結婚の機会を否定すべきではないと思うようになった」と吐露。エール大学に通う息子のウィルさんから同性愛者であることを告げられ、自分の信条と相いれないことに苦悩した経緯を記した。

「ミッキーが来てくれて、みんながおめでとうと言ってくれた。本当に素晴らしい一日でした」

3月のある日、東京ディズニーシーで結婚式を挙げた東(ひがし)小雪さん(28)はそう振り返る。お相手は会社員のひろこさん(35)。2人はともにウエディングドレス姿で、女性同士による結婚式は東京ディズニーリゾートでは初めてのことだった。

レズビアンがディズニーシーで結婚式①
レズビアンがディズニーシーで結婚式②

東さんとひろこさんはレズビアン(女性同性愛者)。東さんは金沢市出身で、同性愛や性同一障害など性的マイノリティー(少数者)のための交流団体「レインボー金沢」の代表も務める。

ディズニーリゾートでの結婚式という新サービスが発表されたのは昨年3月。東さんはすぐに問い合わせたが、最初の答えは「片方がタキシード姿などで、男女のカップルに見えるなら可能」。東さんもひろこさんも、ふだん男装をしているわけではない。

レズビアンがディズニーシーで結婚式③

「男の格好ならいい、というのでは結局、同性婚を認めてないということ」。落胆した東さんがツイッターでつぶやくと、多くの反響があった。1週間後、米国のディズニー本社に照会したと改めて連絡があり、ウエディングドレス姿同士での挙式が認められた。

東さんが、自分の恋愛対象が女性だと気づいたのは金沢市の高校に通っていたとき。淡い恋心を抱いて打ち明けた女性には別に好きな女子生徒がいた。ショックだったが「女の子を好きになってもいいんだ、とそのとき気づいたんです」。

レズビアンがディズニーシーで結婚式④

高校卒業後、宝塚音楽学校に進学、「あうら真輝」の芸名で2年間、男役として舞台を踏んだ。だが当時は同性愛者であることをカミングアウト(告白)できなかった。体調を壊して宝塚を退団後、同性愛者たちの人権団体で活動するように。「私らしくいられるようになった」と感じ、2010年秋、宝塚の経歴とともに本名と顔を公表し、カミングアウトする。

先日、日刊ニュージーランドライフで【ニュージーランド 同性婚を認める法案が可決】というニュースをお知らせしました。

その法案を通す国会の中で同性婚賛成派のMaurice Williamsonが行ったスピーチが、なんて言うんでしょう、ニュージーランドらしさ全開、ニュージーランド人の良さを3倍濃縮還元したみたいなスピーチだったので、皆さんにもシェアしたいと思います。

字幕無しでは話を追っていくのは大変なので、厳密な翻訳ではないんですけど、いろいろ補足も入れながら意訳を書いてみました。

スピーチの簡単な訳

私の有権者の中に聖職者がいます。その聖職者が言うにはこの同性婚を認める法案が通ったその日から同性愛者たちによる猛攻撃が始まるそうです。

ところが私にはそれがどんな猛攻撃なのかわからず戸惑っています。

例えば同性愛者たちが大挙してPakaranga Highwayを攻めてくるのか、それともガスか何が押し寄せてきて聖職者や私たちを閉じ込めてしまうのでしょうか。

他にもカトリックの聖職者に「同性愛という不自然なものを支援している」と言われました。その意見、すごく興味深くないですか?だって、彼らは「一生独身で禁欲」の誓いを立てているんですよ?(それこそ不自然じゃないんですか?)

まぁ、私はそういうことしたことないのでよくわかりませんけど。

また別の人には私は永遠に地獄の業火で焼かれると言われました。

でも、それは大きな間違いです。私は物理学の学位を持っています。自分の体重や体内水分率などを熱力学の方式に当てはめて計算してみました。もし5000度の火で焼かれた場合、私の体は2.1秒しかもちません。これを「永遠」とはとても言えません。

ニュージーランドの国会で行われた、同性婚賛成派の素晴らしいスピーチ

養子縁組について酷い主張も聞きました。中には恥ずべき主張がありました。

私には3人の素晴らしい養子がいます。だから養子がいかに良いかを知っています。

大半の反対意見は、一般の方、この法案が通ることで起こってしまうかもしれないことを心配している人たちです。そういった心配や考慮を私は尊重しています。

彼らは自分たちの家族などに降りかかるかもしれない「何か」を心配しているんです。

繰り返し言わせてください。

今、私たちがやろうとしていることは「愛し合う二人に結婚を認めよう」としているだけです。たっだそれだけです。

外国に核戦争をしかけているわけではありません。農業を壊滅させるウイルスをバラ蒔こうとしているわけでもありません。

私たちの「愛し合うカップルを結婚させてあげる」という法案の何が間違ったことなのかわかりません。もちろん自分とは違う人を好きになれないのはわかります。それはかまいません。でも、なぜ反対する人がいるのかわかりません。

この法案に反対する人に言っておきます。

この法案が採決されたからと言って太陽は明日も昇ります。ティーンエイジャーの娘はそれでも、知った顔をして何でも反抗してきます。あなたの住宅ローンは増えたりしません。皮膚病にかかったり、布団の中にヒキガエルが現れたりしません。

この法案が採決されても、世界は何ごともなかったかのように回り続けます。

だから、この法案で大騒ぎするのは止めましょう。

この法案が通ることは、影響がある人に取っては素晴らしいものです。でも、そうでない人に取っては人生は何も変わったりしません。

 

個人的に思うこと

一般の方たちはどこか同性婚について「それは悪いこと」という認識があるようで、私も常日頃から歯がゆい思いをしています。

しかしMaurice Williamsonさんのこの演説は、その概念をスっと打ち破ってくれました。

「『愛し合うカップルを結婚させてあげる』という法案の何が間違ったことなのかわかりません。」「この法案が通ることは、影響がある人に取っては素晴らしいものです。でも、そうでない人に取っては人生は何も変わったりしません。」

まさにそのとおりだと思います。

「ゲイでなく普通に生まれたかった…」元交際相手の家族3人殺害、「愛」に飢えた被告の苦悩

愛した人は皆、自分から離れていく-

元交際相手の男性2人の実家に放火、その家族計3人を殺害したなどとして、現住建造物等放火や殺人などの罪に問われた男性被告(47)の裁判員裁判。DV、ストーキングから放火殺人まで躊躇なく犯行を繰り返した残虐性とともに、「愛」に執着した被告の苦悩も浮かび上がりました。

妻と生活する同性愛者の被告が、交際相手の男性と3人で共同生活を送った上、別れ話のトラブルから交際相手の家族を殺害する-。そんな特異な犯行が山形、東京で繰り返されたことから、この事件は捜査段階から注目を集めました。

起訴状によると、被告は平成22年10月に山形市で、23年11月には東京都江東区で、元交際相手の男性計2人の実家に放火するなどし、その家族計3人を殺害したとされています。東京の事件では妻が共犯として起訴され、懲役18年の実刑判決が確定しています。

検察側は冒頭陳述や証拠調べで、両事件では

被告のDVを理由に交際相手側が同居を解消

⇒実家に戻った交際相手を複数回にわたり被告が連れ戻す

⇒同居再開の妨げとなる相手の親を殺害する

という共通の経緯をたどったと説明。さらに、東京事件での犯行状況を、次のように詳述しました。

プラスチック製の大きなたらいを逆さにして、その上に被告と妻が腰掛けている。たらいの中では、交際相手の家族の女性が必死に声を上げていた。「熱いっ」「嘘をついてごめんなさい」「許して」。交際相手の居場所を突き止めるため、被告と妻は火の付いた練炭とともに女性をたらいの中に閉じ込めた。女性の叫びを無視し、被告らは座りながら自宅に残してきた愛犬の話を続ける。「ごはんは大丈夫かなあ」。2時間後、女性は一酸化炭素中毒で息絶えたといいます。

交際相手の家族殺害にまで発展するトラブルとは、何だったのでしょうか。地裁内の別室と法廷を結ぶ「ビデオリンク方式」で証人尋問に応じた東京事件の元交際相手の男性が打ち明けたのは、ありふれたささいな不満でした。

証人「『共同生活に溶け込んでいない』『飼い犬を好きになってもらわないと困る』。そんな内容でした」

取るに足りない内容に見える問題だったが、被告の説教は「長い時は7、8時間続いた」といいます。山形事件の交際相手の男性も同様のトラブルから激しい暴力を受けたことをきっかけに警察に相談、同居を解消していました。

被告の気性の激しさを最もよく知っていたのは、14年に被告と結婚した妻です。2人は男女関係にない友人同士だったが、仕事上の必要性から籍を入れ、同居していたといいます。証人尋問で、事件に加担した理由について裁判官に問われると、涙ながらに訴えました。

証人「機嫌が悪くなると何をされるか分からない。籍を入れて間もなくのころ、テニスラケットで2畳分のガラスの引き戸をめちゃくちゃに割ったこともありました」

裁判官「物に対してだけでなく、証人が暴力を受けたこともありましたか」

証人「髪の毛を引っ張り床を引きずりまわされたり、木の棒で頭を殴られたり。(東京)事件後は机のご飯を全部ひっくり返したり、天ぷら油を腕にかけられることもありました」

犯行に加わった経緯について問われると、声を震わせて続けました。

証人「人を殺すのはとんでもないこと。でも、逆らえば私が殴り殺されるかもしれない。怖くて、何も言えませんでした…」

一方、弁護側は被告が交際相手に送ったメールの記録などを示し、激高した際に見せる暴力性とは対照的な日常の「素顔」を強調しました。

「夢のような時間でした。お母さん大切にしてあげてね」。山形事件では犯行前、いったん仲直りし観光を楽しんだ男性へのメールにそう綴りました。「今日は唐揚げ作るから、まっすぐ帰ってきてね」。東京事件の男性との交際では、炊事や洗濯の一切を請け負い、男性に尽くしていたといいます。

弁護側は、被告の家族、家庭への強い思い入れが、時に「共同生活への配慮が足りない」などと交際相手への過剰な要求につながったと指摘しました。証人として出廷した実姉は、被告の子供時代の家庭環境にも言及しました。

証人「両親の夫婦仲はあまりよくありませんでした。父は酔っ払って母に手を上げたりしていました。私は怖くて何もできませんでしたが、弟は5歳くらいの時からいつも母をかばっていました。父に聞いた話では、母に手を上げた時、中学生の弟に羽交い締めにされ『もうかなわない』と暴力を止めたと言っていました」

愛する母が平成6年にがんで死亡した際、被告は「僕も一緒に死にたかった」と漏らしたといいます。

被告の妻も、証人尋問で哀れみの視線を向けました。

証人「愛情不足で、性格がひん曲がってしまったのかな、と感じます。寂しがり屋のはずなのに、愛情表現を知らないまま大人になってしまったのかな。かわいそうな人なんです」

被告はさらに、同性愛者という社会的マイノリティーとして生きることの苦しみを、妻にこう吐露していました。

「ゲイはねちっこい人が多くて好きじゃない。できれば、普通に生まれたかった…」

23日の論告求刑公判で、検察側は「執拗なストーカー行為の末に落ち度のない家族を殺害した。冷酷極まりない犯行」として死刑を求刑。弁護側は「自己中心的で相手に固執する性格は、本人にはどうしようもない生まれ育ちの影響もある」と強調、「更生の余地がまったくないとはいえない」として極刑回避を求めました。判決は6月11日に言い渡されます。

逮捕後に自殺を図った被告を、証人出廷した医師は「鬱状態」と診断。10日間に及んだ審理では被告人質問も実施されたが、「わかりません」と繰り返すなど、被告が自分の言葉で事件を振り返る場面はほとんどなかったそうです。

「家族」を追い求め、「家族」を奪い、「家族」を失った被告。公判が、自身の人生を見つめ直す機会にならなかったとすれば、残念でなりません。

2013年5月26日「法廷から」

落語家桂文枝(69)が司会を務めるテレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」(日曜後0:55)で、1971年から続く番組で史上初の同性カップルが出演しました。

「新婚さんいらっしゃい」に同性愛カップルが出演したときの画像1
「新婚さんいらっしゃい」に同性愛カップルが出演したときの画像2

フランス・パリで行った収録で、45歳の日本人と54歳のフランス人の2人の男性が仲良く手をつないでトークを展開。

パリ収録分は2013年7月14、21日放送のスペシャル版となり、男性2人の出演分は21日に放送されました。

フランスでは4月に同性婚解禁法案が可決、成立。このタイミングを受け、男性2人は事実婚約1年の「新婚さん」で、今後正式な結婚を考えているカップルとして登場しました。

フランス在住の日本人を中心とした350人の観客が見守る中、「奥さん」だという日本人男性が「OLをしております。私ね、毛深くない人が好きなんです」と女性っぽい話し方で自己紹介。文枝が足のスネを見せると、男性が「あら、ステキ!」と感激して、笑いが絶えない収録とりました。さらに、文枝が番組名物の「椅子コケ」を披露すると大歓声と拍手が響きわたりました。

文枝さんは「フランスでは(同性婚が)認められているし、番組はいろいろな夫婦の形を見せてきたので、こういうのもいいんじゃないかと思った。夫婦で愛し合って、一つの家庭をつくっていました」と笑顔で感想。文枝さんは16日が誕生日で70歳になられます。「転んで起き上がれるうちは(この番組を)やっていたい。会ったことのないような新婚さんに会うのが楽しみです」と話しました。

ゲイの方が安心して出会えるサイトの一つが【G Father】です。

ゲイ専門出会い系サイト『G Father』

今のところネット上では顕著な被害話が見当たらず、サイト自体の評判も悪くありません。

中には「1万円使って1人にしか出会えなかった」と不満の声もあるようですが、取り敢えず本当に出会えてはいるようです。

悪質サイトですと、会員のほとんどがサクラで、うまくメールや電話を続けさせて何十万と使わせたり、もっと法外なサイトへ誘導され、挙句の果てに誰とも出会えなかったということになったりしますが、【G Father】でそのような噂は聞いたことがありません。

【G Father】を利用されたゲイの方の体験談

Gay Fatherで僕は変わることが出来ました

甘えん坊な僕は、今まで一人だったのが不思議なくらい今幸せです。

始まりはあの日、ゲイ出会い恋人探しGay Fatherに登録して一か月くらい経った時の事。いつものように誰か良い人いないかなと探していました。でもなかなか自分からメールを送るのは恥ずかしく、プロフィールを頻繁に更新しては誰か僕の理想な人からアプローチが来るのをずっと待っていました。 その間ずっといろんな人のプロフィールを見てはこんな人と付き合えたら幸せだろうなとか寂しい事ばかり考えていました。

そんな時、サポートの宮田さんから連絡があり、最近悩んでいませんかと言われ、つい今までため込んでいた物をぶつけてしまいました。 宮田さんは優しく、そして厳しく指導してくださり、僕が今までただの甘えん坊では無くわがまま放題言ってるだけだってことを思い知らされました。 甘えん坊って、ただ単純に相手に全部甘えていいわけじゃなくて、ちゃんと相手に甘えて良いくらいに自分を魅力的にしておかないとただのわがままになっちゃうんですね。相手がこの子のワガママを聞いてあげたいって思ったとき、それが初めて甘えん坊になるんだって言われた時すごくショックでした。

正直自分ではかわいい系でもなく、もっさりしたオタク系の男子だから魅力なんて全くないと思ってました。そんな自分でも甘えさせてくれる人を都合よく探してたんです。でもそんな人はどんなにゲイの世界が「捨てる神無し」の世界でも存在しないってスパッと言われて…。

でもそのおかげで一生懸命自分を魅力的にしようと頑張りました。まず自分に自信を持つこと。それから見た目も頑張ってオシャレに気を使ってみたり、体型ももっとシャープになるように、筋トレをしたりして頑張ってみました。

そうしたら今までどこを使っても誰とも会えなかった自分が誘われるがままに待ち合わせまでほぼノンストップ。きっと外見だけでなく、自分に自信がついたおかげで積極的になれたのだと思います。例えオタク系男子でも、自分の良い所をしっかり見極め、努力して自分を磨けば大丈夫なんだととてもびっくりしました。

それから、ゲイ出会い恋人探しGay Fatherで5人の人と同時進行で遊んでみて、その中の一人だったユウジさんと付き合う事になりました。ユウジさんは元ラグビー部だったせいかすごく頼りがいのある大人の男で、これまでの僕だったら絶対に無理だろうなって高嶺の花。そんな兄貴に心から惚れてもらって。なんだか僕だけこんな幸せになっちゃっていいのかな…。

今こんなに幸せなのはゲイ出会い恋人探しGay Fatherのおかげです。ありがとうございます。

お父さんがずっと欲しくて泣いてました。

実は自分には父親に対して良い思い出がありません。ずっと虐待されていたからです。

学校から帰ってきたらまず家の中の匂いが酒臭かったらアウトでした。必ず殴られるし灰皿は飛んでくる、背中には何十個も根性焼きをされました。どうしてそれで自分が熟年好きになったのか…不思議で仕方がありません。きっと父親の愛をずっと求めていたんだと思います。

ゲイの世界に入り、若いころは60代の人ともたくさん付き合えました。ですが30代を越えてくるとやはりもうオジサン。熟年の方の若専はだいたいが20代を対象にしていて自分はもう蚊帳の外。もう自分も諦めないといけないなと思っていた矢先にゲイ出会い恋人探しGay Fatherで長野さんに諭されました。大丈夫、と。

その一言でどんなに救われたか。正直その一言の後にたくさんのデータを示してくれましたが、そんなデータよりも長野さんの一言が今も自分の中では唯一の希望です。

長野さんにアドバイスをもらいながら、知り合ったのは70歳の男性。一人暮らしでこれまではノンケの方でした。

長野さん曰く、お父さんにとって30代の息子はもう十分な大人、大人の息子にいつまでも中学高校生のように甘えられるよりは成長した姿を見てほしいでしょうと言われていたので最初のデートでは自分からエスコートをして二人で楽しい時間を重ねていきました。

お父さんに甘えて良いのは20代までと言われているようで自分の中ではそんなはずないと最初は抵抗していました。

しかし、長野さんは成長した大人になった人でも、親から見ればいつまでも息子だからいつでも甘えて良いんだと言われ、ああ、この人は何歳なんだろうとすごく大人の落ち着きを垣間見ました。

今は、仕事を辞め、その人と二人暮らしをしています。介護も板についてきて、これから先、一緒に年を取っていける事がとても幸せです。ありがとうございます。

雄野郎とナイスハッテン!

兄貴目的で発展場に毎日のように通いまくってました。でも発展場だと当たりを引く確率もそこまで高くなく、そろそろ自分も特定のヤツと一緒の時間を過ごしたいと今話題のゲイ出会い恋人探しGay Fatherに来たのが始まりでした。

ゲイ出会い恋人探しGay Fatherの良い所は定期的にやりやすそうな人を紹介してくれる所。俺がサイト内アルバイトをしてたからというのもあるけれど、それに合わせて紹介をしてくれる。最初はこんなところがあるんだとびっくりしてましたが、素晴らしいですね。こういうところに登録をしているだけあって本気度が違う。即会いたいって人は多い。ただそれと同じくらい会いたいけどちゃんと信用できてからと言う人も多い。

個人的には即会いたいってヤツで発展場にいかないヤツはあまり信用できず、ちゃんとある程度信用できてからと言うヤツを探してた。最終的には一か月で10人くらいと出会ったが、そんなに出会えたのは都内だったからかもしれない。その辺は不明です。

エロくて兄貴、そんな条件だとなかなか発展場にすら月に一人いるかどうかなのでやっぱり最近はネットにゲイの出会いが流れてるんだと痛感した。会った中の一人と毎日楽しくしてましたが、今はそいつとは別れ、またこれから探したいと思ってる所です。ゲイ出会い恋人探しGay Fatherありがとう。

ショタ君と私

ショタ専の私はいつもは売り専を買っていました。ショタを頼むと言っても何故か来るのは20代後半か、悪い時は30代のオッサンロリが多く、あきれ果てていました。

やはり時代はインターネットだと家族にセットアップを頼み巡っていると見つけたゲイ出会い恋人探しGay Father。これが若者が使ってる世界か…。 初めはびっくりしました。

なかなか若者とは難しいですね。 若者はみながみなと言うわけではありませんが、お見合いにすら内気でなかなか行動をしません。そこさえわかってしまえば安心させることで自由に出会い放題遊ぶことができました。

キスまで一か月は最低見積もっておいた方が良いでしょう。 私が出会ったお気に入りのショタ君はミハルクンと言うスケベ少年。出会った瞬間からモジモジ欲しそうでした。

ご飯をご馳走し、お酒を飲ませるとすぐに酔っ払い千鳥足。せっかくのおいしい焼肉もまだ若いからかとても豪快に食べます。痩せの大食いと言う言葉が通じない世代でした。

その後は二人でホテルで楽しみながら。若いと言うのはいいですね。寝かせてくれません。結局朝まで楽しんでその日はお別れしましたがそれから先も週に一回は欲しがってきます。

若い子を買うのも良いですが、飼うのが一番です。